ベーチェット病と口内炎の違いについて

ベーチェット病と口内炎の違いについて

スポンサーリンク

ベーチェット病と口内炎の違いについて

ベーチェット病とは、全身性の病気なんですが症状として表れるのが口内炎や皮膚症病・眼症病・外陰部腫瘍の4つの症状が慢性的に出ることをいいます。これらの症状は発生・消失を何度も繰り返してしまうのです。これがベーチェット病になります。

 

 

ちなみにこの病名は、トルコのイスタンブール大学の皮膚科の先生でフルス・ベーチェット教授が1932年に発表したからベーチェット病と言われているんだそうです。ベーチェット病は、患者さんは地中海沿岸や中東・中国・韓国・日本で多く発症している人が多いんだそうです。

 

 

ベーチェット病が発症する年齢は、10代から40代までで最も多いのが30代なんだそうです。このベーチェット病が発症してしまうと、白血球の型があるのですが決まった型を持っている人がベーチェット病を発症している方が多いそうです。公害や化学物質・環境因子さらにストレスや遺伝的なもの・白血球の機能などが過剰に反応を起こしてしまっていろんな箇所で炎症を起こしているのです。

 

 

上記の4つの主症状の加えて、消化器・脳血管の異常や関節炎になる副症状も存在しているそうです。つまり口内炎がなりやすいという方は、ベーチェット病の可能性もゼロではないということです。アフタ性口内炎の場合は、完治すれば再発して発生することはあまりないのですが、ベーチェット病の場合には、何度も再発してしまうのが特徴となっています。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因