口内炎とビタミン | 口内炎はビタミン摂取で予防できる?

ビタミン

スポンサーリンク

アフタゾロンの口内炎の薬は効果があるの?

アフタゾロン口内炎のお薬です。ステロイド剤で抗炎症作用により口内炎などの炎症を抑制してくれる効果があります。ただ、これは口内炎の治療方法でも書きましたが、ステロイド剤の塗り薬を塗っても口内炎は完治しません。この薬は、口内炎を治す薬ではなく、炎症を抑制する効果があるとだけ認識しておきましょう。みんなが勘違いしていることですね。「口内炎の塗り薬を塗ったって全然治らないじゃん!」って思っている方が多いと思います。そもそも口内炎を治す薬ではなく、口内炎の進行を抑制する効果があるのです。それがアフタゾロン口内炎のお薬です。

 

 

アフタゾロンを口内炎時に利用される場合、こんな方は注意が必要です。かゆみや発疹などのアレルギー体質の方は、アフタゾロンを使用する前にかならず医師の相談をしてから使用して下さい。思わぬ副作用に襲われることもありますから。基本的にはステロイド系の薬はきつい薬なので特に注意が必要になってきます。あと、口腔内に感染症のある方や妊娠されている方などはご使用を控えて下さい。

 

 

アフタゾロンは口内炎のステロイド系の薬ですので、特に用法用量を守って使用して下さい。基本的には患部をキレイにしてから1日数回適量を塗りましょう。とくに口内炎は塗り薬をぬってもほとんど効果を感じることが少ないので、効果ないなと何度もたくさん塗ってしまいがちですが、ステロイド系の薬はキツイので身体に良いとはいえません。必ず使用量を守って使って下さいね。ステロイド系のお薬では細菌の増殖は抑制できないので、アフタゾロン口内炎時に使用する際は、殺菌成分入りのうがい薬などを使用してから使うことをお勧めします。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因