口内炎と大病の関係性について

口内炎と大病の関係性について

スポンサーリンク

口内炎と大病の関係性について

 

口内炎は重たい病気になる時の前触れとして発症するケースも非常に多いです。大病になる前の初期症状として口内炎ができるわけですね。基本的に「アフタ性口内炎」と呼ばれる炎症を起こすと1週間から2週間程度で治癒するものですが、重たい病気にかかってしまうと、口内炎がまったく治らないということが考えられます。その目安は1,2週間です。そんな場合は必ず医師の診察を受ける必要があります。

 

 

大病と口内炎の関係性

 

どんな大病をすると口内炎が発症するのでしょうか?それは、白血症や癌などの大病を患ったとき、治療薬を投与しますのでこの時の副作用として口内炎ができてしまうことがとても多いようです。つまり放射線治療や抗がん剤を使うことによって口内炎ができるわけです。なぜこのような治療行うと口内炎が発症するのか?

 

 

放射線治療は、体の免疫力を極力低下させてしまいます。そして口の中の粘膜が弱体化されていき、口内炎がどんどん発症してしまうのです。最悪なことに、これらの副作用で口内炎ができてしまった場合には、短期間ではなくて長期的に続く可能性が高いです。口内炎が長く患ってしまうと食事も楽しくありません。特にがん患者の方は、かなりの確率で口内炎が発症していると言われています。

 

 

大病患ってた時の口内炎の見分け方

 

  1. 口内炎が何度も発症する。
  2. 巨大な口内炎ができる(1センチ以上)
  3. アフタ性口内炎(白い口内炎)ではなく赤く腫れあがる。
  4. 1週間〜2週間では完治しない
  5. 口内炎の数が異常に多い

など・・

 

 

このような症状の場合には、すぐお医者さんに相談に行ってください!あと口内炎だけでなく、便秘に悩まされたり、下痢であったり、高熱を発症してしまう場合もあります。これらが併発して起こっているようだと、もしかしたらアフタ性口内炎でない危険性もあります。あとよく勘違いしやすいのが、舌癌を口内炎と勘違いするケースです。口内炎だと思っていたら実は癌だったなんてことはたまに起こります。その辺は要注意です!

 

 

いずれにしてもどのような症状が出ているのか?いつものアフタ性口内炎ではないのか?など原因・症状など総合的に判断し、一般的な口内炎ではないと感じたらすぐに医師に相談しましょう!のということをしっかりと知識を身に付けて少しでも疑いがあった場合にはすぐに病院の医師に相談することをおすすめします。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因