口内炎と病院について(何科?)

口内炎と病院について(何科?)

スポンサーリンク

口内炎と病院について(何科?)

口内炎ができたときの病院について考えてみたいと思います。口内炎が発症し痛くてたまらなくなって病院に行こうと決意した・・その時にはいったい何科の病院で受診すればよいのでしょうか?口内炎が発症してしまうと本当に辛いですよね。特に食べ物を食べる時などはまともに食事ができなくなる場合もあります。

 

 

ただ口内炎は通常1週間〜2週間程度で治るのがほとんどです。なので口内炎ができて病院に行くという方は少ないのではないでしょうか。口内炎で病院に行く目安は、2週間たっても感知しない場合です。通常の口内炎はアフタ性口内炎で1,2週間で完治します。しかしそれ以外の場合は大きな病気のサインの可能性もあるのです。なかなか完治しない場合はすぐに病院に行くようにしましょう。

 

 

では口内炎ができたときに何科の病院で受診すればよいのでしょうか?これは皮膚科や歯科がまず考えられますが、また口腔外科や内科などでも診察はしてくれると思います。しかし実は口内炎の専門を治療してくれる病院は、「耳鼻咽喉科」が口内炎を治療してくれる専門機関になります。もし口内炎ができてアフタ性口内炎でないと分かったときや、2週間たっても治らない場合はすぐに耳鼻咽喉科に相談に行ってくださいね。そして近くに耳鼻咽喉科がない場合は、近くの皮膚科や歯科に問い合わせをして、口内炎の治療をしてくれるのかかどうかをちゃんと聞いてから病院に行きましょう。

 

 

病院での治療法として、主に患部にステロイド剤を含む軟膏を塗り改善を図っていくことがほとんどです。そして口内炎はやっぱり口の中を清潔にしておくことが大切です。雑菌ばかりだと口内炎の改善を遅らせてしまう危険性があるので、まずうがい薬などを使って口の中は常に清潔にしておくことが大切です。他にも口内炎にもいろいろ種類があるので対処法は違ってきます。レーザーを照射し口内炎を焼いてしまうと痛みも軽減されるそうですよ。いずれにしても口内炎は長期化してしまうと口内炎ではなく重度の病気の可能性もあるので必ず病院に行って診察してもらうことをおすすめします。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

口内炎と病院記事一覧

口内炎と大病の関係性について

口内炎は重たい病気になる時の前触れとして発症するケースも非常に多いです。大病になる前の初期症状として口内炎ができるわけですね。基本的に「アフタ性口内炎」と呼ばれる炎症を起こすと1週間から2週間程度で治癒するものですが、重たい病気にかかってしまうと、口内炎がまったく治らないということが考えられます。そ...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因