喉の口内炎の原因とは?

喉の口内炎の原因とは?

スポンサーリンク

喉の口内炎の原因とは?

喉に口内炎ができる原因は何でしょうか?私も何度も喉に口内炎ができたことがあります。何か喉に違和感があって食事を飲み込むときに喉が痛いといった経験をされた方が多いのではないでしょうか。喉に口内炎ができると、初めは口内炎と分からないケースがあります。何か原因でこの痛みがあるのか?ちょっと不安に感じる方も多いと思います。喉の口内炎の場合、病院に行くべきか悩みますよね。そんな時のために、病院に行くべき喉の口内炎の特徴を紹介します。

 

 

口内炎が喉に発症する要因はいろいろありますが、熱いものを食べ火傷したり、栄養不良や体調不良などの免疫が低下する場合、さらには細菌が繁殖して喉が不衛生になる場合も口内炎が発症する可能性もあります。ただ口内炎の原因については、まだ分からないことが多いのが現状です。

 

 

喉にできる口内炎で一般的なのがアフタ性口内炎、あるいはカタル性口内炎です。アフタ性口内炎の場合、自然治癒で大体1週間から2週間で治ります。その間痛みを伴いますが、口の中を清潔にしてうがい薬や消炎鎮痛剤等を多用しながら口内炎の悪化を防ぎましょう。病院にて治療する場合には、3000円程度で治療が受けられます。(保険適用)あと、レーザー治療を行うこともあります。レーザー治療を行う場合は自由診療となります。だいたい一回で500円〜3000円程度なんだそうです。

 

 

自宅で治す場合には、うがい薬を使って口腔内を清潔にし、痛みがひどい場合は軟膏を塗って保護してあげましょう。あと「チョコラBB」などのビタミン剤などを服用しても良いですね。口内炎にも色々ありますが、アレルギー性口内炎やヘルパンギーナ感染が原因でできる口内炎、ヘルペス感染でできる口内炎、あと、ウイルス感染で口内炎にもなります。

 

 

いずれにしても、喉に口内炎ができた場合、2週間以上たっても完治しない場合や直径が1センチ以上あり全く小さくならない場合出血がひどい場合、硬いしこりがある場合はすぐに病院に行く必要があります。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因