ビタミンB12が欠乏すると・・・

ビタミンB12が欠乏すると・・・

スポンサーリンク

ビタミンB12が欠乏すると・・・

ビタミンB12には、貧血を予防する因子として生成され主に肝臓に蓄えられていく
栄養素の1つです。

 

 

このビタミンB12の欠乏による貧血は、実は鉄分の不足で起こるものとは違います。
これは悪性貧血と呼ばれているもので、ビタミンB12が腸管から吸収されるためには
胃の壁から分泌される内因子が必要になってきて、この内因子が何らかの原因により
欠乏するとビタミンB12の吸収が阻まれて悪性貧血を招く恐れがあるのです。

 

 

その他にも神経系に作用したり、中枢神経や末梢神経系の機能にも大きく関わっている
と言われています。

 

 

ビタミンB12の欠乏症になると、悪性貧血で胃の切除や小腸下端の病気になったりします。
貧血の症状としては、一般的な貧血のほかに舌炎や胃腸障害・頭痛・知覚障害などを起こすします。

 

 

また、神経系に作用し、神経炎・筋肉痛・中枢神経障害の症状も現れます。
なのでビタミンB12は、貧血の治療としてビタミンB12を投与するようになりました。

 

 

もしあなたがこのような症状を発症したら、ビタミンB12を補給することをおすすめします。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

ビタミンB6の欠乏してしまうと・・
ビタミンB6の作用は、蛋白質の代謝になくてはならない重要な働きをしてくれます。
ビタミンB2の欠乏症について
ビタミンB2は、別名「リボフラビン」と呼ばれています。
ビタミンB1が欠乏すると・・
ビタミンB1が欠乏してしまうとどうなるのか? ビタミンB1は、リン酸と合体し炭水化物の代謝を促進させる働きがあります。
ビタミンDの作用と欠乏症について
ビタミンDは、D2・D3・D4があり、D2は食品に、天然の食材にD3、一部D4が含まれています。
ビタミンCの作用と欠乏症について
ビタミンCは別名「アスコルビン酸」とも呼ばれています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因