ビタミンDの作用と欠乏症について

ビタミンDの作用と欠乏症について

スポンサーリンク

ビタミンDの作用と欠乏症について

ビタミンDは、D2・D3・D4があり、D2は食品に、天然の食材にD3、一部D4が含まれています。
このうちのビタミンD3は皮膚で合成されます。つまり、皮膚が日光を浴びることによって
ビタミンD3になるのです。

 

 

ビタミンDの体内での作用は、小腸からカルシウムの吸収を促進してくれます。
サプリメントをよく摂取している方は、ご存知の方も多いかもしれませんが、
カルシシウムのサプリメントを購入すると、カルシウムを吸収しやすくするビタミンDが
入っていることがよくあります。

 

 

さらに、骨のカルシウムの沈着を容易にし骨の石灰化を防いで発育を促す働きがあります。
ビタミンDが不足してしまうと、骨のカルシウム沈着が起きなくなるために軟骨に近いものと
なってしまいます。つまり、骨の形成障害が生じてしまうという事ですね。

 

 

そうなると、激しい運動をすると骨が折れやすくなったり、曲がってしまったりと大変です。
ビタミンDは、逆に骨からカルシウムを分離させる作用もあります。

 

 

カルシウム欠乏症でビタミンDを多く摂取してしまうと、骨からカルシウムが溶け出して
しまい骨が脆くなることもあるので、ビタミンBの過剰摂取はしないようにしましょう。

 

 

ビタミンDは基本的に日光の紫外線から得られるものなので、日光にあまり恵まれない地方で
ビタミンDの欠乏症が起こることがよくあります。
日本では北陸や東北などでよく起こりやすい症状です。

 

 

もしあなたが北陸や東北にお住まいなのであれば
ビタミンDの補給を意識的に摂取すると良いでしょう。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

ビタミンB6の欠乏してしまうと・・
ビタミンB6の作用は、蛋白質の代謝になくてはならない重要な働きをしてくれます。
ビタミンB2の欠乏症について
ビタミンB2は、別名「リボフラビン」と呼ばれています。
ビタミンB1が欠乏すると・・
ビタミンB1が欠乏してしまうとどうなるのか? ビタミンB1は、リン酸と合体し炭水化物の代謝を促進させる働きがあります。
ビタミンCの作用と欠乏症について
ビタミンCは別名「アスコルビン酸」とも呼ばれています。
ビタミンB12が欠乏すると・・・
ビタミンB12には、貧血を予防する因子として生成され主に肝臓に蓄えられていく 栄養素の1つです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因