ビタミンB2の欠乏症について

ビタミンB2の欠乏症について

スポンサーリンク

ビタミンB2の欠乏症について

ビタミンB2は、別名「リボフラビン」と呼ばれています。
このビタミンB2は、タンパク質と結合し酸化還元酵素に関係して広く整体に分布
しています。そして水素の運搬作業をしています。

 

 

ビタミンB2はタンパク質や脂肪、そして糖質などの体内でエネルギー源としている
ものを燃焼したりする際にとても大切な物質となるのです。

 

 

ビタミンB2は、成長促進作用の働きをすると言われています。
このビタミンB2が欠乏してしまうと、いろいろな成長障害をきたす恐れがあります。

 

 

ビタミンB2は卵や母乳・酵母などにもたくさん含有されていて、母親にビタミンB2が不足が
あると赤ちゃんにも成長障害が生じてしまう可能性があります。
骨の形成に異常が見つかったり、新生児の先天性奇形が生まれる可能性もあるのです。

 

 

実はこのビタミンB2は、生体への成長作用だけではなく、
生体組織の修復にも貢献しています。

 

 

例えば、目の網膜中にビタミンB2が存在していて光を感じる時に、視紅の再生に関与していますし
皮膚や神経組織への作用もあり正常な組織形成を保つ働きをしています。

 

 

ただ、ビタミンB2はまだわかっていないこともたくさんありますが、確実に言えることは
人間にとって欠かせない重要な作用があり、不測の事態にならないようにしっかりと
ビタミンB2を補っておく必要がありそうです。

 

 

ビタミンB2が欠乏してしまうと、成長障害を起こします。
目の症状では、角膜炎や疲れ目・涙が出やすくなるでしょう。
角膜周辺の充血や結膜炎などが現れます。

 

 

他にも、粘膜症状としては口角炎や歯肉炎・舌炎などいろいろ障害が起きてきます。
よく口内炎ができるっていう方は、ビタミンB2が不足している可能性があります。
このビタミンB2の貯蔵は肝臓で行われていますが、この時のビタミンB2はタンパク質と
結合して存在しています。蛋白質の摂取量が少ないってことになると、ビタミンB2は肝臓で
たんぱく質と結合できるできなくなってしまうのです。

 

 

最悪の場合、尿と共に排出されてしまうので、ビタミンB 2を摂取する時はタンパク質を同時に摂取しながら
ビタミンB2も補うといったことが大切です。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

ビタミンB6の欠乏してしまうと・・
ビタミンB6の作用は、蛋白質の代謝になくてはならない重要な働きをしてくれます。
ビタミンB1が欠乏すると・・
ビタミンB1が欠乏してしまうとどうなるのか? ビタミンB1は、リン酸と合体し炭水化物の代謝を促進させる働きがあります。
ビタミンDの作用と欠乏症について
ビタミンDは、D2・D3・D4があり、D2は食品に、天然の食材にD3、一部D4が含まれています。
ビタミンCの作用と欠乏症について
ビタミンCは別名「アスコルビン酸」とも呼ばれています。
ビタミンB12が欠乏すると・・・
ビタミンB12には、貧血を予防する因子として生成され主に肝臓に蓄えられていく 栄養素の1つです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因