ビタミンAの効果効能は?

ビタミンAの効果効能は?

スポンサーリンク

ビタミンAの効果効能は?

ビタミンをと考えるとやはり目に良いというイメージがあります。
ビタミンAと視力との間には密接な関係があります。

 

 

ビタミンAは、目の網膜には明るいときに色を感じるものと、薄暗い時に視覚として感じる物がありますが
これはどちらも光に敏感な色素を持っています。この色素はビタミンAを主成分として形成されているのです。

 

 

なので、実際に目の保護をするための栄養素を補給するときには、やはりビタミンAを補給する必要があります。
もし、ビタミンが不足することになると、暗いところではビタミンAの形成が不十分になって十分に働かない
ということになります。

 

 

明るい場所でも、視力は低下してしまいます。ビタミンAの作用は上皮組織を正常に保つ効果が
あるのです。ビタミンを補給することによって、すべての粘膜の変性や損傷、硬くなったりすることを
防ぐことがあるのです。

 

 

他にも、伝染病や寄生虫感染に対する抵抗力を増加するといわれています。
あと、骨や歯の成長にも関与しているといわれています。

 

 

このようにビタミンが欠乏すると暗いところや明るいところでも目の視力が低下してしまいます。
そして眼球が乾燥し眼球乾燥症と呼ばれる症状も起こります。
もし感染が進んでしまうと角膜軟化症を起こし、最悪の場合失明してしまう可能性もあるのです。

 

 

眼球への栄養が減ってしまうと眼球の機能が低下することにより、視力障害の原因となり
悪化すれば失明となります。ビタミンAが不足すると目だけではありません。
皮膚がカサカサしたり、消化器・泌尿器・呼吸器などの粘膜にも変調をきたす恐れがあります。

 

 

他にも、尿道・炎腎・臓結石などを起こし、伝染病の風邪にも感染しやすくなってしまいます。
ビタミンAが不足してしまうとこのような症状が次々に行われていきますので、しっかりビタミンAの不足に
陥らないように注意が必要です。

 

 

あと、ビタミンAと癌との関係も最近関与しているということがわかってきています。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

ビタミンAの効果効能は?記事一覧

ビタミンB6の欠乏してしまうと・・

ビタミンB6の作用は、蛋白質の代謝になくてはならない重要な働きをしてくれます。これはアミノ酸の代謝にビタミンB6が関係しており、タンパク質の構成時にアミノ酸が必要になってくるのでアミノ酸・ビタミンB6・タンパク質という関係が成り立ってビタミンB6が蛋白質の作用に影響を与えると言われています。タンパク...

≫続きを読む

 

ビタミンB2の欠乏症について

ビタミンB2は、別名「リボフラビン」と呼ばれています。このビタミンB2は、タンパク質と結合し酸化還元酵素に関係して広く整体に分布しています。そして水素の運搬作業をしています。ビタミンB2はタンパク質や脂肪、そして糖質などの体内でエネルギー源としているものを燃焼したりする際にとても大切な物質となるので...

≫続きを読む

 

ビタミンB1が欠乏すると・・

ビタミンB1が欠乏してしまうとどうなるのか?ビタミンB1は、リン酸と合体し炭水化物の代謝を促進させる働きがあります。要するに、糖質は体内に取り込まれて伝承していくとエネルギーになるわけですがビタミンB1がその時に必要になるのです。ビタミンB1が欠乏してしまうと、この糖質の代謝が低下してピルビン酸や乳...

≫続きを読む

 

ビタミンDの作用と欠乏症について

ビタミンDは、D2・D3・D4があり、D2は食品に、天然の食材にD3、一部D4が含まれています。このうちのビタミンD3は皮膚で合成されます。つまり、皮膚が日光を浴びることによってビタミンD3になるのです。ビタミンDの体内での作用は、小腸からカルシウムの吸収を促進してくれます。サプリメントをよく摂取し...

≫続きを読む

 

ビタミンCの作用と欠乏症について

ビタミンCは別名「アスコルビン酸」とも呼ばれています。ビタミンCの作用は、細胞内で重要な物質代謝に関与して強力な酸化還元力を生体内に有すると考えられています。このビタミンCは、結合組織に与えるコラーゲンの生成と維持するためになくてはならない重要な物質であるのです。そもそも人間の骨格の主要成分は、タン...

≫続きを読む

 

ビタミンB12が欠乏すると・・・

ビタミンB12には、貧血を予防する因子として生成され主に肝臓に蓄えられていく栄養素の1つです。このビタミンB12の欠乏による貧血は、実は鉄分の不足で起こるものとは違います。これは悪性貧血と呼ばれているもので、ビタミンB12が腸管から吸収されるためには胃の壁から分泌される内因子が必要になってきて、この...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因