ビタミンE・ビタミンD・ナイアシン

ビタミンE・ビタミンD・ナイアシン

スポンサーリンク

ビタミンE

ビタミンEは、脂溶性ビタミンといわれており、水に溶けないので比較的安定して
貯蔵することが可能です。ビタミンEは、化学名を「トコフェロール」という名前なんですが
淡黄色の油状物質です。

 

 

そして、熱にも強く加熱したとしてもビタミンEは変化することがない強い性質を
持った脂溶性ビタミンです。あと酸にも強いといわれています。

 

 

ただ、空気には非常に弱く空気に触れると酸化されてしまう。
さらに、紫外線にも弱く紫外線にあたると酸化が促進されてしまいます。

 

 

ビタミンD

 

 

ビタミンDは、針状結晶で有機溶媒にとても溶けやすいです。
室温で空気の中に放置しておくと、約2,3日で分解してしまいます。

 

 

なので、保存するためには不活性ガスをいっぱいにするか、
または真空にして冷暗所で保存するという方法があります。

 

 

このビタミンDも脂溶性ビタミンなので、腸管からの吸収は担汁や脂肪によって
促進されていきます。

 

 

ナイアシン

 

 

ナイアシンは、ニコチン酸アミドとニコチン酸の2種類があります。
どちらも無色なんですか、ニコチン酸はエーテルには溶けません。

 

 

そして、エタノールや水にも溶けにくいです。
あと、ニコチン酸アミドですがエーテル・ベンゼンには溶けずエタノール水には
非常に溶けやすいです。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!
おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

ビタミンAとビタミンB1
ビタミンAは、黄色柱状の結晶で空気中では不安定です。 また、窒素ガスなどの暗い場所では安定します。
ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミン12
ビタミンB2は、有機容体には溶けることはありません。 そして、水でもあまり解けません。アルカリ性には溶ける性質があります。
葉酸・ビタミンC
葉酸は、最近とても注目されている栄養素のひとつです。 妊娠を考えている方には、必須の栄養素となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因