ビタミンAとビタミンB1

ビタミンAとビタミンB1

スポンサーリンク

ビタミンA

ビタミンAは、黄色柱状の結晶で空気中では不安定です。
また、窒素ガスなどの暗い場所では安定します。
そして水には溶けない性質がありますが、有機溶媒には溶けやすい
という特徴があります。

 

 

基本的にビタミンAは、肝臓で蓄えられていきます。
必要に応じて消費されるということになります。
ちなみに、人間の体はうまくできていて、肝臓で約1年間分の
ビタミンAを貯蔵 することが可能です。

 

 

ビタミンAは、水溶性ビタミンではなく脂溶性ビタミンです。
この脂溶性ビタミンは、基本的に貯蔵されやすいという性質があります。

 

 

ビタミンAが多く含まれる食物に、食べ物では緑黄色野菜の人参にはたくさん
ビタミンAが含まれています。カロチンは、動物の生体内でビタミンAに変化するので
プロビタミンと呼ばれています。

 

 

脂溶性ビタミンは、体に一度摂取されると簡単に体の外には排出されない
という性質があるのでとても保存しやすい便利なビタミンといえます。

 

 

ビタミンB1

 

 

ビタミンB1は、無色の単斜板結晶と呼ばれるもので、純粋なもので臭いはしませんが
独特の臭いはします。ビタミンB1は水に溶ける性質があるために、ビタミンB1は
水溶性ビタミンといわれています。

 

 

水溶ビタミンは酸性では安定していますが、加熱しても分解しません。
なので、アルカリ性ではとても不安定で、加熱すると分解します。
そして、紫外線の照射によって分解はより促進されていきます。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミン12
ビタミンB2は、有機容体には溶けることはありません。 そして、水でもあまり解けません。アルカリ性には溶ける性質があります。
ビタミンE・ビタミンD・ナイアシン
ビタミンEは、脂溶性ビタミンといわれており、水に溶けないので比較的安定して 貯蔵することが可能です。
葉酸・ビタミンC
葉酸は、最近とても注目されている栄養素のひとつです。 妊娠を考えている方には、必須の栄養素となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因