カンジダ性口内炎って何科に行けば良いの?

カンジダ性口内炎って何科に行けば良いの?

スポンサーリンク

カンジダ性口内炎って何科に行けば良いの?

カンジダ性口内炎は何科の病院に行けばよいのか?答えは、耳鼻咽喉科か歯科になります。通常、口内炎の受診で一番多いのは耳鼻咽喉科です。もちろん歯科でも良いのですが、歯科は主に歯の検診ですよね。耳鼻咽喉科の口内炎治療法は、レーザーや高周波治療をおこなうそうです。もちろん歯科でもレーザー治療などが可能です。

 

 

わたしも歯科で口内炎を見てもらったことがありますが、その時は殺菌消毒をしてくれた程度でした。ただ、病院によってはレーザー治療ができなかったり、高周波治療ができない病院もあるので事前にCHECKしてから行きましょう。ただし、口内炎が2週間以上たっても治らない場合は内科にいくことをオススメします。内科では血液検査をし口内炎の原因を探します。口内炎だと思っていたら、怖い病気であることもあるのでしっかり検査をしてもらいましょう。

 

 

このカンジダ性口内炎の症状ですが、白い苔が口腔内に全体に広がっている症状です。見た目もけっこうグロテスクなんですね。もし、カンジダ性口内炎かなと感じたら自宅で治そうとせず、今すぐ病院へ行くことをオススメします。カンジダ性口内炎の原因ですが、このカンジダ菌は口腔内に誰もでもいる菌になります。なので疲れなどのいろいろな疾患から発症すると言われています。ただ通常、健康体の方はほとんどカンジダ性口内炎が発症することは非常に低いです。カンジダ性口内炎の治療法は、抗真菌剤を活用します。この口腔内もかなりの痛みがあるようです。まずは病院に行きましょう。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因