口内炎と舌炎の違い

口内炎と舌炎の違い

スポンサーリンク

口内炎と舌炎の違いについて

口内炎舌炎違いについて説明します。そもそも口腔内に発症する炎症はいろいろな呼び方があります。まず、舌に発症すると舌炎・口角に発症すると口角炎・歯肉に発症すると歯肉炎と呼ばれます。そして、唇に発症するのは口唇炎です。

 

 

このように口腔内の何処にでも発症するのが口内炎になります。いろいろと呼び方があるのですね。そしてその口内炎の発症原因は、ストレスやビタミン不足などまたハッキリとした答えはわからないのです。口内炎の種類にはいろいろあって、アフタ性口内炎・ウイルス性口内炎・カタル性口内炎・アレルギー性口内炎・ニコチン性口内炎などです。

 

 

その中でも一番厄介なのが舌炎です。舌にできると喋るときや食事をする時など一番動く場所ですよね。なので痛みを常に感じるところです。ただ、一般的なアフタ性口内炎であれば何もしなくても自然に治ります。1週間から2週間以内には完治するはずです。このHPでも何度も書いていますが、口内炎は2週間以内に完治せず長引く場合には、必ずお医者さんに診察してもらいましょう。口内炎や舌炎などは恐ろしい病気に発展してしまう恐れがある病気です。最悪の場合、舌癌の恐れもあるため疑いがある場合には、いますぎ病院に行きましょう。口内炎と舌炎の違いでした。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

口内炎治らないけど痛くない・・・
口内炎にもいろんな種類がありますが、痛くない口内炎のタイプもあります。この口内炎は「水ぶくれタイプ」と言われているものです。
口内炎が白い理由
一般的な口内炎ってほとんど白いクレーターができます。あの白い腫瘍は、中央は少しくぼんできてクレーターのような形を しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因