口内炎とビタミン | 口内炎はビタミン摂取で予防できる?

子供の口内炎の薬は?

スポンサーリンク

子供の口内炎時の薬と対処法

子供口内炎時のと対処法について考えていきます。まず、子供はヘルペス性の口内炎になる場合が多いです。これはウイルスが原因で発症します。他にも、大人でも一般的に自然発症するアフタ性口内炎や噛んでしまったりして何かしらの傷ができてしまった時に起こる口内炎もあります。子供の口内炎の原因もいろいろです。ここで気を付けたいのは、一般的なアフタ性口内炎なのか、ウイルス性の口内炎なのかをしっかりと見極めておく必要があります。ウイルス性口内炎の場合には、白い斑点のようなものがポツポツできます。映像などが見たい場合には、ウイルス性口内炎などで調べると見れると思います。もしアフタ性口内炎でなくウイルス性口内炎かなと感じたら病院に行って下さい。病院は小児歯科がベストですが、ない場合は小児科、歯科口腔外科などでも大丈夫だと思います。

 

子供の口内炎の発症の対処法

 

 

子供の口内炎の発症の対処法ですが、一番にやってあげることは口の中を清潔にしてあげることです。子供の場合、痛いので歯を磨かない子供も多いと思いますが、必ずうがい薬などで清潔にしてあげることがポイントです。小さいお子様の場合、ただ泣いているだけで食事もとろうとしません。大人が口内炎になった場合とは大変さが全く違います。食事をしないと体力が落ちおたりしないか心配になりますが、このようなときはスポーツドリンクや刺激の少ないゼリーや茶碗蒸しなどの柔らかいものをあげるようにしましょう。そしてウガイができない小さいお子様の場合は、できる限り口の中を清潔に保って細菌を除去することが大切です。水でうがいすることも思った以上に効果があります。殺菌したい場合には、イソジンなどの消毒薬を薄めてから直接患部に塗ってあげると良いかもしれません。ただし、不安な場合はすぐにお医者さんに行きましょう!

 

 

子供の口内炎時の薬は、大人と同じでうがい薬が最良の効果を発揮してくれると思います。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因