口内炎とビタミン | 口内炎はビタミン摂取で予防できる?

噛んだ口内炎

スポンサーリンク

噛んだ口内炎を早く治す私の方法

噛んだ口内炎って辛いですよね。私も何度経験したのか分かりません。噛んだ時の激痛、そして後から襲ってくる口内炎の痛み・・・もう何とかしてって感じです。実は噛んだ口内炎で最悪の経験があります。まず、ガッツリ噛んで口腔内を恐ろしく傷つけ案の定、口内炎が発症。ここまではいつもの口内炎なのですが、さらに口内炎が発症している患部をガブリ!!つまり口内炎が発症している患部をさらに噛んでしまったのです。考えただけで恐ろしいですよね?この噛んだ口内炎が完治したのは、約3週間ほどかかったでしょうか。1箇所だけでなく4箇所くらい口内炎の密集地帯。噛んだ口内炎は辛いですね。

 

 

口内炎は規則正しい食生活やビタミン摂取などである程度予防ができるのですが、口内炎で防ぎようがないのが噛んだ口内炎です。これは食べるときに細心の注意を払って食べるしかありません。ただ、私がいつも口腔内を噛んだときはいつもスナック菓子を食べている時がなぜか多かったです。通常の食事と違って気楽に寝そべって食べたりもしているので、これが原因なのかもしれませんね。なので噛んだ口内炎の予防策として、お菓子を食べるときは要注意と自分の中で決めています。おそらく気が緩むんだと思います・・(笑)

 

 

噛んでしまった患部はほぼ9割以上の確率で口内炎になります(経験上の話)。口内炎にならない手立てはないものかなといろいろ試すのですがどうにも口内炎になるのは止められません。そんな経験をした人は多いのではないでしょうか?私が噛んだ口内炎対策として、リステリンなどで口内洗浄をしっかりと行なっていました。だけど口内炎になるんですね。ただし、あまり大きくならずにすぐに完治するんです。なので、噛んでしまっても口を清潔にしておけば噛んだ口内炎も完治するのが早まると思いますよ。

 

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因