刺激物を食べると口内炎が発症しやすい?

刺激物を食べると口内炎が発症しやすい?

スポンサーリンク

刺激物を食べると口内炎が発症しやすい?

口内炎ができる原因として、辛いものや酸っぱいものなどをよく口にすると口内炎ができやすい言われています。ただ、味覚だけで口内炎ができるかというのは間違っています。味覚は口内炎の原因には一切関係はありません。

 

 

なぜこのように感じる方が多いのかというと、辛い食べ物や酸っぱいものを食べたとき刺激物なので口内炎ができたときに発見しやすいということが本当のところではないでしょうか。つまり刺激物を食べた時に口内炎がしみる事が多く、口内炎を発見し易いのです。どんな味覚の食品を食べたとしても、それが原因で口内炎の発症につながるわけではありません。

 

 

ただし、人間は食物アレルギーが原因で口内炎が発症する方もおられます。もしかしたら酸っぱいものや辛いモノの食べ物の中にあなたのアレルギー物質が含まれているのかもしれません。このような場合には、当然その食物自体でアレルギー反応を起こしてしまうので口内炎ができる可能性もゼロではないということです。

 

 

あと刺激をするという意味では、歯磨きをするときに歯ブラシによる粘膜の損傷でも口内炎になります。さらに歯磨き粉の中に含まれている「ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)」で口内炎が発症する事例もあるそうですので、気をつけてくださいね。

 

 

一般的な病原菌の食べ物としていくつか例を挙げておきたいと思います。

 

チョコレート・ナッツ・甲殻類・ソース・ライ麦・トマト
パイナップル・柑橘系のフルーツ・りんご・酢・ミルク・チーズ
など・・

 

このほかにもいろいろな刺激物となる食品はいくつかあるのですが、あなたの病原菌の食べ物がどれかは医師と相談して見ると良いかも知れませんね。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

口内炎が痛い!治らない!
口内炎が痛い!治らない!口内炎は一度炎症を起こしてしまうといろいろ薬を塗っても すぐに治ることはありません。
口内炎ができやすい体質できやすい原因は?
口内炎ができやすい人の体質は、ストレスをためやすい方や口腔内を清潔に保っていない方などが 考えられます。
口内炎かと思ったら「親知らず」だった・・
口内炎は痛みが伴うものですが、私が以前、口腔内の奥のほうが痛くてまた口内炎ができた んだな〜と考えていました。
ピロリ菌は口内炎を引き起こす?
先日、インターネットでピロリ菌は口内炎をを引き起こす原因にもなっているという記事を見つけました
口内炎の予防と体質改善の重要性
口内炎の原因は千差万別いろいろな原因が考えられますが、ただこの原因が実際には解明されていないというのが実情です。
ブルーベリーって口内炎に効果があるの?
先日友人が口の中に口内炎ができたんだけどブルーベリーが口内炎に良い・・と聞いたことがあったので、 たくさんブルーベリーを食べたら治ったという話を聞いたことがあって、実際にブルーベリーは口内炎に効果があるのか どうかを調べてみました。
口内炎にとストレスの関係性
口内炎はいろいろな原因が考えられます。原因の1つにストレスは口内炎は発生しやすいです。
口内炎に効果的な食べ物
口内炎が頻繁に発症するという方多いですね。先日、「ためしてガッテン」というTV番組を見ていた時に、年間の3分の2は口内炎が 発生している状態が続いている人もいるそうです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因