ピロリ菌は口内炎を引き起こす?

ピロリ菌は口内炎を引き起こす?

スポンサーリンク

ピロリ菌は口内炎を引き起こす?

先日、インターネットでピロリ菌口内炎をを引き起こす原因にもなっているという記事を見つけました。口内炎はになる原因はいろいろあり、ビタミン不足や疲労、ストレス、寝不足、ウイルス、アレルギーなどが考えられます。不衛生な口腔内の環境から口内炎を発症したり、口腔内を傷をつけてしまうとそこから口内炎を発症可能性もあります。あとタバコのニコチンも関係しています。このように口内炎発症の原因は多種多様ですが、その中でもピロリ菌が口内炎発症の原因であるとする専門家もいるようです。

 

 

ピロリ菌は、胃の検査してピロリ菌が発見されると癌になる確率が高くなるなんて言われています。よく胃潰瘍になる人は要注意ですね。ピロリ菌は鉄分の吸収を妨げ鉄欠乏症貧血を引き起こすこともあるとか。怖い菌ですね。そしてピロリ菌関連で疾患するものの中に口内炎もあります。ただ、ホントのところはよく分かっていないようですが、ピロリ菌を除菌することによって口内炎の発症が少なくなったという方も存在しているようです。

 

いずれにしても、人間にとってピロリ菌は百害あって一利なしの菌です。ピロリ菌を持っている方は早急にピロリ菌の完全除菌をすることをおすすめします。ピロリ菌を除菌したら口内炎がゼロになることはまずないと思いますが、少なくなる可能性はありそうですね。このピロリ菌の除菌は保険が適用されることになりました。これまでは自費だったんですね。気になる方はぜひ胃腸科に行ってピロリ菌の検査をしてもらいましょう。ピロリ菌がいなかったらなんの問題もありません。口内炎ピロリ菌の関係編でした。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

口内炎が痛い!治らない!
口内炎が痛い!治らない!口内炎は一度炎症を起こしてしまうといろいろ薬を塗っても すぐに治ることはありません。
口内炎ができやすい体質できやすい原因は?
口内炎ができやすい人の体質は、ストレスをためやすい方や口腔内を清潔に保っていない方などが 考えられます。
口内炎かと思ったら「親知らず」だった・・
口内炎は痛みが伴うものですが、私が以前、口腔内の奥のほうが痛くてまた口内炎ができた んだな〜と考えていました。
口内炎の予防と体質改善の重要性
口内炎の原因は千差万別いろいろな原因が考えられますが、ただこの原因が実際には解明されていないというのが実情です。
ブルーベリーって口内炎に効果があるの?
先日友人が口の中に口内炎ができたんだけどブルーベリーが口内炎に良い・・と聞いたことがあったので、 たくさんブルーベリーを食べたら治ったという話を聞いたことがあって、実際にブルーベリーは口内炎に効果があるのか どうかを調べてみました。
刺激物を食べると口内炎が発症しやすい?
口内炎ができる原因として、辛いものや酸っぱいものなどをよく口にすると口内炎ができやすい言われています。
口内炎にとストレスの関係性
口内炎はいろいろな原因が考えられます。原因の1つにストレスは口内炎は発生しやすいです。
口内炎に効果的な食べ物
口内炎が頻繁に発症するという方多いですね。先日、「ためしてガッテン」というTV番組を見ていた時に、年間の3分の2は口内炎が 発生している状態が続いている人もいるそうです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因