口内炎を引き起こす食物の見極め方

口内炎を引き起こす食物の見極め方

スポンサーリンク

口内炎を引き起こす食物の見極め方

口内炎を引き起こす食物の見分け方を紹介しています。人間はアレルギー反応を起こす人も想像以上に多いです。私は花粉症でアレルギー性鼻炎を発症し毎年花粉が舞う季節には大変です。実は口内炎は食物のアレルギーによる発症する可能性もあります。

 

 

しかし、仮に食べ物によるアレルギー反応が起きて口内炎が発症した場合、なんの食物を食べて発症したのかなんて特定するのは難しい作業になります。そこで口内炎を引き起こす食物の見極め方を紹介します。見極め方といっても、そんなに難しいことではありません。毎日食べたものを日記に付ければよいのです。このアレルギーの食品を見極めるだけでも口内炎を劇的に発症率を減らすことが可能です。病原食品を排除する。これがアレルギー食品への対応の仕方です。

 

 

一般的な病原食品は?

 

チョコレート・ナッツ・小麦類・貝・柑橘系のフルーツ・ソース
甲殻類・ライ麦・大麦・そば・パイナップル・酢・チーズ
マスタード・トマト・りんご・ミルク
など・・・

 

アレルギー性の口内炎は非常に辛いです。花粉症による口内炎も発生する可能性もあるそうで、このような口内炎はゴメンですね。少しでも口内炎から離れるために、毎日の食事をしっかりとチェックして、あなたのアレルギーの食材を探しましょう。面倒ですが、口内炎から解放するためです。諦めすにがんまりましょう。あと、口内炎を引き起こす食物を見つけるために医師に相談してみると良いですね。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因