口内炎とビタミン | 口内炎はビタミン摂取で予防できる?

口内炎を治す食べ物

スポンサーリンク

口内炎を治す食べ物をご紹介します。

口内炎を治す食べ物を紹介していきます。口内炎は口腔内の粘膜が炎症を起こしている病気です。なので粘膜の新陳代謝を活性化させるビタミンB群の摂取が有効になります。特にビタミンB2は、口腔内の粘膜を守ったり肌の炎症を抑える効果や細胞の再生効果が期待できます。口内炎を発症する原因のひとつにビタミンB群の不足も考えられますのでしっかりとビタミンB2は摂取していきましょう。それでは口内炎を治す食べ物を紹介していきます。

 

口内炎を治す食べ物(ビタミンB2編)

 

牛乳・のり・牛・豚・鳥レバー・ヒラメ・ヨーグルト
うなぎ・チーズ・ししゃも・さば・納豆・アーモンド
etc・・・・

 

 

口内炎を治す食べ物は美味しいものばかりです。特におすすめしたいのがアーモンドですね。ナッツ類は栄養価が高い食べ物で、おつまみにも最適です。ただ、アーモンドの食べ過ぎには注意して下さいね。あと、納豆もいいです。豆類も栄養価の高い食材で、その中でも納豆は栄養価も抜群です!私は毎朝、食パンの上に納豆をのせて食べています。人によってはかなり気持ち悪がられますが、毎日食べるのが習慣となってしまい今では食パンの納豆のせはやめられなくなりました(笑)でもビタミンB2も豊富で身体には最高です。口内炎を治す食べ物としては良い食材だと思います。

 

 

他にも口内炎を治す食べ物というわけではありませんが、やはり食事はバランスのとれた食事メニューを心がけて下さい。ビタミンB2ばかりの食材をたべても栄養が偏ってしまいますからね。あくまでもバランスの良い食事が大切です。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

口内炎を治す食べ物記事一覧

口内炎を引き起こす食物の見極め方

口内炎を引き起こす食物の見分け方を紹介しています。人間はアレルギー反応を起こす人も想像以上に多いです。私は花粉症でアレルギー性鼻炎を発症し毎年花粉が舞う季節には大変です。実は口内炎は食物のアレルギーによる発症する可能性もあります。しかし、仮に食べ物によるアレルギー反応が起きて口内炎が発症した場合、な...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因