口内炎初期状態の対処法

口内炎初期状態の対処法

スポンサーリンク

口内炎初期状態の対処法

口内炎が発症して初期状態の段階での口内炎の対処の仕方をいくつか紹介していきます。そもそも口内炎というのは、口の中の粘膜が炎症してしまって起こることです。この炎症によって起こる痛みというのは細菌と白血球との戦いが痛みとなって現れます。

 

 

白血球は細菌が粘膜の中に入り込んでくるのを抑えようとして白血球が戦っているのです。この白血球と細菌が戦わなければあの痛みが起こりません。逆に考えると、痛みがあるからこそ人間の自然治癒力の効力がしっかりと発揮していることになるのです。

 

 

口内炎発生した初期段階で行う事は、必ず口腔内の洗浄をしてきれいに口の中を清潔にしておくことが重要です。細菌が増殖すればするほど口内炎が発症しやすくなってしまいますからね。口の中を清潔にすれば、口内炎の進行を食い止めることが可能になります。口内炎が発症してしまうとどんどん大きくなります。これを防ぐためにはとにかく口の中を清潔にするということを一番に心がけましょう。

 

 

あと内部から口内炎を予防するという意味では、皮膚の粘膜を整えてくれるビタミンB2・B6・Cといった栄養素を積極的に摂取するということをおすすめします。ただし、口内炎によってはいろいろな種類があるので対処の仕方が違ってきます。一般的なアフタ性口内炎であればうがい薬や軟膏などで対処できますが、その他の原因で発生した口内炎では口腔内液体や軟膏では対処できない場合があります。それは、ウイルス性であったりアレルギー性など色々と対処法も違います。とにかくアフタ性口内炎以外の場合は必ず医師に相談してましょう。そいの場合、口内炎の原因を特定することが重要です。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

口内炎が治らない・・(白い口内炎の場合)
口内炎が治らないと悩んでいる方、白い口内炎が唇や舌に発症している場合はアフタ性口内炎や潰瘍性口内炎の 可能性があります。
口内炎の治療期間について
口内炎の治療期間ですが、通常の口内炎であれば1週間から2週間で自然治癒しますので、この2週間程度が口内炎の治癒期間になると思われます。
唾液で口内炎が治るの?
唾液って口の中にたくさん溢れていますよね。あの唾液の中には殺菌や抗菌作用といった優れた効果を発揮してくれます! さらに、口腔粘膜を保護する働きもあると言われています。
トローチで口内炎を治す!?
口内炎が発症するといろいろな治療法があります。ただし、この口内炎治療法は発症の原因を突き止めてから治療法を選ぶ必要があります。
米酢で口内炎を治す(民間療法)
昔からの知恵で米酢でうがいをすれば口内炎が治るなんて話を聞いたことがあります。 米酢には殺菌効果があるので口腔内の細菌の減少には効果があるのではないでしょうか。
1年で248日間も口内炎って…
以前、TV番組で口内炎特集をしていたことが合ったのですが、 この番組に出演されている口内炎に悩んでいる方は、なんと1年で248日間も口内炎が発症している人でした。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因