口内炎に効くはちみつ

口内炎に効くはちみつ

スポンサーリンク

口内炎に効くはちみつってホントなのかやってみた・・

口内炎に効くはちみつ・・・これが本当なら凄いことだが、ホントにはちみつが口内炎に効果があるのか実際に試したみました。結論を言うと、痛い!正直はちみつをつけると口内炎が痛いです。そして、すぐに完治したか?答えはNoとしか言えません。はちみつ付けて口内炎があっという間に治るなら誰も苦労しませんよ。って思うのは私だけでしょうか?誰がはちみつが口内炎に効くって言ったのでしょうか・・・

 

 

ただ、口内炎に効くはちみつといわれる所以は単に殺菌効果があるからではないでしょうか。確かにはちみつには殺菌効果があります。あるホームページに書かれていたのですが、口内炎の患部に蓋をする?らしいのですが、わたしは痛くてはちみつは速攻洗い流しました(苦笑)はちみつなんて付けてると私はちょっと嫌でしたね。これも口内炎の悪化を防ぐ程度の効果しか感じられません。痛い思いをするなら刺激の少ないマウスウオッシュなどをしたほうがよっぽど効果があるように私は感じました。

 

 

その昔、蜂蜜は火傷などや外傷に効果があるとして殺菌や抗炎作用を期待して塗っていたんだそうです。ただは、今は21世紀です。蜂蜜よりも殺菌効果の高い良い薬がありますのでそちらを使うことをオススメします。ただ、マウスウオッシュを使ってもイソジンを使っても、蜂蜜を使っても、口内炎が完治する時間はそんなに変わらないと思います。このホームページでも何度も書いている通り、口内炎が治るのは5日から1週間程度はどうしてもかかるものですよ。口内炎に効くはちみつ編でした。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

口内炎完治は時間がかかる?(レーザー治療編)
口内炎ができてしまうととにかく痛みが伴ってしまうので口内炎を今すぐに治したい!考える方が非常に多いです。しかしながら、 現実的に口内炎を素早く治すというのは非常に難しいです。ていうか無理です・・・
口内炎の患部にライターでジュワ…
昔、口内炎ができたときにあの憎たらしい白い円状の患部がどうしたら治るのか考えていた時にふと思い浮かんだのが ライターで口内炎を炙るでした(笑)
プロポリスは口内炎に効果があるのですか?
プロポリスをご存知でしょうか?よくTVCM等で見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。最高蜂たちが一生懸命に 集めてきたプロポリス。
抗ウィルス薬で口内炎への効き目(単純ヘルペス)
抗ウィルス薬で口内炎への効き目はあるのでしょうか?この場合の口内炎は、単純ヘルペスによる口内炎なのですが 抗ウィルス薬が有効に働くのではないかと思います。
口内炎になりやすい体質について
口内炎になりやすい体質という方はたくさんいらっしゃいます。私ももともと口内炎になりやすい体質でした。 口内炎の原因を見ていきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因