口内炎発症時の食事法

口内炎発症時の食事法

スポンサーリンク

口内炎発症時の食事法

 

口内炎が発症してしまった時にには、食事をするときに痛みが生じます。この痛みを少しでも和らげるためにはどのような食事法を取っていけばよいのかをいくつか紹介していきたいと思います。

 

 

水分が多めの食事法

 

水分が多い食品を選んで食べるというのも1つの手です。何故かというと乾燥した食品等を摂取してしまうと、当然粘膜を傷つけてしまう恐れがあるからです。水分が含まれた食品は口あたりも良いために粘膜を傷つけることはありません。おすすめの食材としては、豚汁や蟹雑炊など・・とにかく水分の多い食事をすることをおすすめします。例えば、魚の場合には刺身も良いですし、焼き魚・煮魚、あるいは野菜の場合であったら炒め物よりも汁ものにするという方法が口内炎には優しい食事法となります。あと主食に関しても、普通のお米で食べるよりもおかゆにするとか、雑炊にするとか、パンは牛乳に浸して食べるといった工夫も口内炎を痛みを和らげるポイントになります。

 

 

刺激物はNG!

塩辛い・辛い・固い・酸味が強い・甘みが強い・熱い・酸っぱい・・・これらのキーワードにあてはまる刺激物は極力摂取しないことをおすすめします。そして刺激物といえば食品だけでなく飲酒や喫煙といったものもできるだけ控えるように心がけましょう。いずれにしても、口腔内の粘膜を傷つけないようにするためには刺激物はNGです。注意が必要なのは、イカの塩辛・酢のもの・カレーなどは、あまり粘膜を傷つけないように感じるかもしれませんが、実は自覚していなくても粘膜を傷ついている可能性もあります。これらの食材を食べるときは注意が必要です。

 

 

とろみをつける!

とろみをつけてあげるというのも1つの食事法の1つです。とろみをつけるためには、片栗粉等を調整して入れましょう。ゼラチンなども良いですね。飲み込みやすくなりますし、粘膜への刺激も少なくてすみます。最近ではこれらの「とろみ」をつける食材というのは、介護食品に非常に多いように感じますね。

 

 

できるだけ細かく食材を切って食べる!

これもひとつの方法で食べ物が小さければ小さいほど飲み込みやすいです。しかも噛む回数も減ります。そうなると口内炎への刺激が少なくなってきます。一番良いのはミキサーにかければ一番細かく切り刻んだ状態で食べることが可能です。

 

 

薄味にして食べる!

これも重要なことで、粘膜の炎症を起こしてしまったときには濃い味だと当然しみてきます。だけど薄味にしておけば刺激も少ないです。おすすめの調理方法は、カツオ・昆布・鶏がらなどをうまく活用し調理して下さい。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

口内炎とチョコレート
口内炎はチョコレートの食べ過ぎで発症したなんて考える方もいるようです。ただ、チョコレートが 口内炎発症の直接的な原因とはいえません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因