口内炎とビタミン | 口内炎はビタミン摂取で予防できる?

口内炎の時の食事

スポンサーリンク

口内炎の時の食事のオススメは?

口内炎の時の食事ではシミるのであまり食欲は湧いてきませんね。でもしっかり栄養は取っていかないと口内炎もなかなか完治してくれません。まず、口内炎の時の食事で気を付けたいのはビタミンAやビタミンC、そしてビタミンB群です。ビタミンB群は細胞の活性化や炎症の抑制効果があるのでビタミンB群を中心に摂取しても良いでしょう。あと口内炎が発症しているということは免疫力が低下している可能性がありますので、抵抗力を付けるためにもビタミンA の豊富な食事も欠かせませんね。このように口内炎の時の食事こそ気をつけて食材を選びましょう。

 

 

口内炎の時の食事でオススメなのは豆類です、ビタミンB群が豊富ですね。納豆や大豆・乳製品・レバー・玄米などがお勧めです。とはいっても口内炎ができていると痛くて食べられない場合もあります。特に発症した場所によっては刺激物は非常に食べにくいと思います。なので冷たいもの熱いものなどは控えることをお勧めします。できれば人肌と同じ温度の食材を活用しましょう。あと刺激物ですが、香辛料やアルコールなども控えたほうが良いです。食材に関しても料理を作ってくれる人に、小さめに食材を切ってもらうと食べやすくなります。逆に食べやすいのはヨーグルトやスープ・シチューなどの汁物系がお勧めです。口内炎の時の食事ではいろいろ気を使わなければいけないので大変です。

 

 

あと、口内炎の時の食事とは関係のない話ですが口内炎ができている時にはタバコは控えたほうが良いです。タバコは百害あって一利なしとは言いますが、それは間違いありません。ストレス解消を理由に吸われる方もいますがこれも間違っていますよ。たばこを吸う人は全体の2割をきったそうですね。良い風潮になってきました。タバコ会社の方々には悪いですが、この世からタバコがなくなることを願うばかりです。そして口腔内をキレイに清潔にして下さい。歯磨きも億劫になりそうですが、ココを省いてしまうと口内炎は悪化してしまいます。口内炎の原因は細菌の繁殖にあります。口腔内は清潔にしておきましょう。口内炎の時の食事編でした。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

口内炎の時の食事記事一覧

口内炎とチョコレート

口内炎はチョコレートの食べ過ぎで発症したなんて考える方もいるようです。ただ、チョコレートが口内炎発症の直接的な原因とはいえません。口内炎の発症原因はいろいろありますが、一番多いのは外的損傷、すなわち噛んでしまったことによる原因が非常に多いです。チョコレートを食べている最中に噛んでしまったらもちろん口...

≫続きを読む

 

口内炎発症時の食事法

口内炎が発症してしまった時にには、食事をするときに痛みが生じます。この痛みを少しでも和らげるためにはどのような食事法を取っていけばよいのかをいくつか紹介していきたいと思います。水分が多めの食事法水分が多い食品を選んで食べるというのも1つの手です。何故かというと乾燥した食品等を摂取してしまうと、当然粘...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因