口内炎は肝臓が弱っていると発症する?

口内炎は肝臓が弱っていると発症する?

スポンサーリンク

口内炎は肝臓が弱っていると発症する?

口内炎ができると肝臓が弱っているからと考える方もいますが、実際は口内炎が発症する原因は分かっていないので口内炎と肝臓の関係性についてはよく分かっていません。ただ、口内炎ができるということは、確実に栄養の偏りやなんらかの体調不良が原因で起こる可能性が高いです。口内炎が良くできる方は、日常生活で栄養価のバランスの良い食事をしビタミンやミネラル、緑黄色野菜など栄養価のあるものをしっかり摂取しましょう。

 

 

口内炎になったら積極的に摂取したい食事は牛乳や緑黄色野菜などです。牛乳は栄養が偏ったあなたの身体には有効のです。牛乳にはビタミンB2が多く含まれており口内炎に良いです。あとたんばく質も豊富で積極的にとりたいです。緑黄色野菜が口内炎に良いのはβカロチンが豊富に含まれているからです。βカロチンは身体の中に入るとビタミンAになるのですが、これが粘膜を正常に保ってくれます。なので口内炎が頻繁に発症して困っている方は毎日βカロチンの摂取を心がけましょう。

 

 

ただ緑黄色野菜が嫌いだったりなかなか緑黄色野菜を食べる機会のない方もいます。また緑黄色野菜もうさぎのように食べるのも嫌だって方も多いともいます。そんな方におすすめなのがやはりサプリメントですね。サプリメントも栄養素が限定的なものを選ぶのではなく、マルチビタミンのようなサプリを選ぶことをお勧めします。肝臓だけでなく身体が弱ってくると口内炎ができやすくなります。日頃から偏らない食事が大切ですね。あとストレスも大敵です。適度の息抜きも大切です。口内炎肝臓編でした。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

スポンサーリンク

関連ページ

アルギニンを過剰摂取すると口内炎になる?
アルギニンを過剰摂取すると口内炎のような症状が起こる方もいるようなので、過度のアルギニンを 摂取するのはやめておきましょう。
生理中に舌に口内炎ができる原因は?
生理中に舌に口内炎が発症するケースがあります。その原因はホルモンバランスが乱れが原因かもしれません。
喉に口内炎のようなもの
喉に口内炎のようなものが発症したと心配される方はちょっと心配です。喉の口内炎は4つに分類されます。
口内炎治療薬使うより歯磨き粉を替えてみる
口内炎治療薬を気にする前に、歯磨き粉を替えてみるのもありですね。といいますのも、 口内炎は未だハッキリとした原因は分かっていません。
歯周病って口内炎ができる原因?
歯周病といえばやはり虫歯になってしまう原因の1つですが、実は口内炎とも密接な関係を持っています。
抗生物質の副作用と口内炎について
何かの病気が発症し病院に行ってお薬を処方してもらった時の抗生物質の副作用によって口内炎ができてしまったという 方は多いのではないでしょうか。
口内炎が治らない原因とは?
口内炎が治らない原因は色々と考えられます。ただ、口内炎の原因というのはまだ完全に解明されているわけではないのです。
口内炎になりやすい体質って?
口内炎になりやすい体質という方はたくさんいらっしゃいます。私も元々口内炎になりやすい体質でした。
歯磨きによる口内炎発症の危険性
歯磨きによる口内炎の発症の危険性があります。単純に歯磨きのブラシによる粘膜の損傷や 歯磨き粉成分による粘膜の損傷も考えられます。(ラウリル硫酸ナトリウムなど)

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因