アルギニンを過剰摂取すると口内炎になる?

アルギニンを過剰摂取すると口内炎になる?

スポンサーリンク

アルギニンを過剰摂取すると口内炎になる?

アルギニン過剰摂取すると口内炎のような症状が起こる方もいるようなので、過度のアルギニンを摂取するのはやめておきましょう。何事もやり過ぎは禁物ですね。アルギニンは運動系の方が筋トレ時の栄養摂取される方も増えているようです。なぜ口内炎のような症状が出るのかはよく分かりませんが、尿素が多く生産されすぎてグルタミンの回路が活性化されすぎたのかもしれませんね。いずれにしてもアルギニンの過剰摂取はしないように心がけましょう。

 

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進し筋力をUPさせる効果があるようです。いわゆるアミノ酸の一種なんですが、成長ホルモンは脳下垂体から分泌したんぱく質の新陳代謝を促進する働きがあります。いわゆるボデイビルダーのような体になりたいならアルギニンは必須のアイテムというわけです。アルギニンの効果効能は脂肪を取り除き筋肉の量を増加させます。さらに体脂肪を減らす効果も確認されています。他にも免疫効果がUPするために病気への抵抗力をあがると言われています。このアミノ酸は只者ではないですね。

 

 

 

アルギニンだけでなく、オルニチンやグリシン、チロシンなどなどこのようなアミノ酸は,別々に摂取するのではなく一緒に摂取したほうが効果が高いと言われています。いわゆる合成作用です。余分なクエン酸が体内にあったとしても、ヒドロキシクエン酸の存在で脂肪に変換されにくい性質があります。しかし過剰な摂取は口内炎や舌炎・皮膚炎・ギドギド肌になりやすいと言われています。このように、アルギニン過剰摂取口内炎なりやすいのです。他にも不眠や神経過敏にも気をつけましょう。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

生理中に舌に口内炎ができる原因は?
生理中に舌に口内炎が発症するケースがあります。その原因はホルモンバランスが乱れが原因かもしれません。
喉に口内炎のようなもの
喉に口内炎のようなものが発症したと心配される方はちょっと心配です。喉の口内炎は4つに分類されます。
口内炎治療薬使うより歯磨き粉を替えてみる
口内炎治療薬を気にする前に、歯磨き粉を替えてみるのもありですね。といいますのも、 口内炎は未だハッキリとした原因は分かっていません。
口内炎は肝臓が弱っていると発症する?
口内炎ができると肝臓が弱っているからと考える方もいますが、実際は口内炎が発症する 原因は分かっていないので口内炎と肝臓の関係性についてはよく分かっていません。
歯周病って口内炎ができる原因?
歯周病といえばやはり虫歯になってしまう原因の1つですが、実は口内炎とも密接な関係を持っています。
抗生物質の副作用と口内炎について
何かの病気が発症し病院に行ってお薬を処方してもらった時の抗生物質の副作用によって口内炎ができてしまったという 方は多いのではないでしょうか。
口内炎が治らない原因とは?
口内炎が治らない原因は色々と考えられます。ただ、口内炎の原因というのはまだ完全に解明されているわけではないのです。
口内炎になりやすい体質って?
口内炎になりやすい体質という方はたくさんいらっしゃいます。私も元々口内炎になりやすい体質でした。
歯磨きによる口内炎発症の危険性
歯磨きによる口内炎の発症の危険性があります。単純に歯磨きのブラシによる粘膜の損傷や 歯磨き粉成分による粘膜の損傷も考えられます。(ラウリル硫酸ナトリウムなど)

ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因