口内炎とビタミン | 口内炎はビタミン摂取で予防できる?

口内炎のしみない食事

スポンサーリンク

口内炎のしみない食事とは?

口内炎のしみない食事を紹介していきます。口内炎ってどんどん進行して大きくなると食事もままならなくなります。私の体験談ですが、口内炎が2箇所大きいのができて、さらにどんどん口内炎が進行してその2箇所の口内炎が合体したことがあります。まさに巨大クレーターのような大きさでした(泣)こうなると食欲ゼロですね。だけどしっかりと栄養を取らないと口内炎の完治も遅れることになります。そんな時に、口内炎のしみない食事ができたら嬉しいですよね。早速紹介していきます。

 

まず、口内炎のしみない食事で大切なポイントがあります。それは絶対条件として口内炎にしみないことです。そして口腔内や胃にもやさしい食べ物、あとしっかりと栄養が取れる食材を選ぶ必要があります。

 

口内炎のしみない食事

 

納豆
おかゆさん
コーンフレーク
麺類
コーンスープ
雑炊
牛乳
ジュース
など・・・

 

 

口内炎のしみない食事の中でもイチオシなのが納豆です。この納豆は意外にも刺激がほとんどないんですね。ただし付属してある醤油系のだしは入れないようにしましょう。やはりしみてきますので。しかもこの納豆には口内炎患者が欠かすことのできないビタミンB2が豊富に含まれていますので超オススメです。あと雑炊やおかゆさんも良いと思います、ただし、少し冷ましてから食べるようにして下さい。熱いままでは食べれませんからね。あとコーンフレークもお勧めです。牛乳も鉄分やビタミン系はたくさん入っていますし、コーンフレークの栄養価も抜群です。しかもまったく刺激はないので食べることができると思います。いろいろ面倒な人はコーンフレークだけでもいいかもしれませんね。すべての栄養素が詰まっています。コーンフレークってNASAが開発したってご存じでした?宇宙食ですね(笑)そんなわけで、口内炎のしみない食事編でした。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因