歯茎に口内炎で白いのは何?

歯茎に口内炎で白いのは何?

スポンサーリンク

歯茎に口内炎で白いのは何?

歯茎口内炎白い円形状に炎症を起こしているあの痛いのは、憎きアフタ性口内炎です。口内炎の種類は、アレルギー性のものと壊死性潰瘍性、そして一般的に多いのがアフタ性口内炎です。ほとんどが直径2mm〜10mm位の大きさで中央は白くその周りは赤くなっています。これが痛いんですよね。特に食事をするときは痛くてもう涙が出そうになります。なぜ口内炎ができるのかは、実はハッキリとしたことは分かっていないそうです。

 

 

歯茎口内炎の治し方で一番大切なことは口腔内を清潔に保つことです。口内炎は細菌が繁殖して発症します。リステリンやイソジンなどのうがい薬を活用して、常に衛生面を気を配る必要があります。ただし、歯茎にできた口内炎に塗り薬などを付けても良いのですが、ハッキリ言って気休めにしかなりません。口内炎の軟膏をつけてすぐに治ったなんて経験ありますか?私はないです。結局5日から1週間は完治するまでに時間がかかるんです。なので、口内炎は少々時間がかかるものなんだと覚悟を決めておきましょう。

 

 

昔、歯茎に口内炎ができたんですが奥歯あたりで見えなかったので、奥歯が虫歯になったのかと勘違いして歯医者に行ったことがあります。する先生がこれは口内炎ですね〜って言われて赤面したことを覚えています。だけどその時は別の虫歯を2本発見され、結局歯医者に通うことになりました(笑)歯茎にできた口内炎は痛いものです。最近ではパッチなど直接患部に貼るタイプの医薬品も出ていますので、我慢できない方はCHECKしてみましょう。いずれにしても、口腔内を殺菌し清潔に保つことが口内炎の悪化を防ぐ唯一の方法です。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因