口内炎とビタミン | 口内炎はビタミン摂取で予防できる?

口内炎とは

スポンサーリンク

口内炎とは?

口内炎とは、口の内部や舌の粘膜に炎症を起こすことを言います。私も何度となく口内炎を発症しました。自分で噛んで傷をつけてしまったものなら自業自得(笑)。でも自然にできる口内炎も辛いですよね。口内炎も細菌感染によるものや、ウイルス感染によるもの、そして一般的に起こる口内炎のことをアフタ性口内炎と言います。おそらくほとんどの方がこのアフタ性口内炎に悩まされているわけです。ただ、実際にこのアフタ性口内炎の発症メカニズムは未だ解明されていないそうです。

 

 

アフタ性口内炎の症状は、口内の粘膜に直径5_程度の大きさに成長します。あの白い円形の患部が痛々しいですよね。あの灰白色斑(アフタ)が痛みの症状を起こす厄介な病気になります。そして灰白色斑(アフタ)がさらに悪化してしまうと出血を伴いさらなる激痛を伴うのです。こうなると痛みとストレスと、何もしたくない状況になってしまいます。仕事もいちいち口内炎が気になって仕事もはかどりません。口内炎とは、ホントに厄介な病気です。

 

 

通常のアフタ性口内炎は、約1週間程度でほとんどが治ります。ただし、一箇所だけでなく2箇所3箇所とたくさんアフタ性口内炎が発症している場合には、1週間では完治はしないかもしれません。もし、複数口内炎ができて重度になると摂食不能になってしまう場合もありますので注意が必要です。それほど口内炎とは恐ろしい病気なのです。注意していただきたいのは、通常一週間ほどで口内炎は完治するのですが、2週間以上たってもなお完治しない場合は、病院に行くことをお勧めします。もしかしたらアフタ性口内炎でなくウイルス性や細菌感染の可能性もありますのですぐに病院にいって医師の診察を受けましょう!

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

口内炎とは記事一覧

歯茎に口内炎で白いのは何?

歯茎の口内炎で白い円形状に炎症を起こしているあの痛いのは、憎きアフタ性口内炎です。口内炎の種類は、アレルギー性のものと壊死性潰瘍性、そして一般的に多いのがアフタ性口内炎です。ほとんどが直径2mm〜10mm位の大きさで中央は白くその周りは赤くなっています。これが痛いんですよね。特に食事をするときは痛く...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因