ヘルペス性口内炎

ヘルペス性口内炎

スポンサーリンク

ヘルペス性口内炎について

ヘルペス性口内炎ウイルス感染が原因で発症します。このウイルスに感染すると炎症を起こしてしまいます。これがヘルペス性口内炎です。発症事例が多いのは乳幼児(生後6ヶ月)なんだそうです。ウイルス感染の口内炎は感染源が人間が使ったタオル等から感染しているケースが多いようです。なので、生後6ヶ月の乳幼児をかかえている家庭では面倒ですが、極力タオルを変えて衛生面に気をつける必要があります。もちろん大人がウイルス感染している場合、乳幼児にキスなどをすると感染します。気をつけましょう。

 

 

このヘルペス性口内炎は発症するまでに潜伏期間があるようです。だいたい2日から2週間程度だそうです。ヘルペス性口内炎は口腔内の炎症だけでなく発熱や痛みが現れます。痛み止めの薬などを服用するのが一般的です。発熱に関しては4、5日で治まりますが、ヘルペス性口内炎はアフタ性口内炎と同様に1,2週間は完治するまでに時間がかかります。ヘルペス性口内炎になると口腔内の痛みが激しいために食べ物などを摂取しなくなり脱水症状になる可能性もあります。なのでこまめに水分補給を心がけましょう。

 

 

乳幼児に多いヘルペス性口内炎ですが、大人でも発症します。大人がヘルペス性口内炎すると症状が重症化する恐れもあるために、ウイルス感染しないように注意が必要です。特に年配の方は気をつけたいですね。乳幼児が発症すると大人が発見してあげないと分からないのです。赤ちゃんの変化を常にCHECKすることを心がけましょう。ヘルペス性口内炎でした。

 

口内炎は外側からのケアだけでなく内側から

 

口内炎が発症した時には、ビタミンB2・B6の摂取が大切です。軟膏など外側のケアで症状を抑えることも大切ですが、内側からも対策をしておきましょう!

 

おすすめのサプリは、FANCL『マルチビタミン ケースセット』です。

 

こだわりの素材:
ビタミンB/B2/B1/B12/B6・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パトンテン酸・ビオチン・βカロテン・コエンザイムQ10・トコトリエノール

 

 

FANCL『マルチビタミン ケースセット』をオススメする理由は、一日たった一粒でビタミン11種に加えベータカロテン、コエンザイムQ10、トコトリエノールを摂取することが可能です。ただ継続して続けることが大切なので、どうしても価格面が心配ですが、このFANCLのマルチビタミンなら1日あたり約21円で続けることができるからです。

 

もちろん、口内炎は内側・外側どちらから対策をしてもすぐには完治しません。
しかし、今後「口内炎」になりにくい体質に近づくために試してみてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

スポンサーリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
目次 口内炎予防サプリ 口内炎の原因